ホーム > 恋愛漫画 > らんま1/2

らんま1/2

らんま1/2の表紙 作者:高橋 留美子
出版社:小学館
連載誌:週刊少年サンデー
Wikipediaによる解説:らんま1/2(Wikipedia)

レビュー

まずなんといっても舞台背景がユニークです。主人公のらんまは水にかぶると女の子に変わり、お湯をかぶると男に戻ります。同様にらんまの父親は水をかぶるとパンダになってしまうのです。

ストーリーも多彩で、強大なライバルや敵を出した本格的な格闘ストーリーから、1話完結のギャグストーリー、そして主人公らんまとヒロインあかねの恋愛描写など、様々な角度から楽しむことができます。

漫画の人気と同じくアニメも大人気となりました。特にメインキャラクター達を演じていた声優の方々が皆さん揃って超ビッグネームの声優になっています。山口勝平さん・林原めぐみさん・日高のり子さん・高山みなみさん・山寺宏一さんなどが出演なさっていました。

同じ週刊少年サンデーの人気漫画

  • H2
  • タッチ
  • 名探偵コナン
  • MAJOR(メジャー)
  • 犬夜叉
  • KATSU!
  • 烈火の炎
  • おそ松くん
  • まじっく快斗
  • かってに改蔵
  • うえきの法則
  • うしおととら
  • うる星やつら
  • オバケのQ太郎
  • ハヤテのごとく!
  • 帯をギュッとね!
  • 男どアホウ甲子園
  • からくりサーカス
  • 絶対可憐チルドレン
  • 史上最強の弟子ケンイチ

みんなの口コミ・評判(全37件・ネタバレ有り)

●1●「らんま1/2」は個性的なキャラクターがハチャメチャな設定の世界観の中で暴れるドタバタのラブコメディーでとても面白いです。この独特の世界は高橋留美子さんならではと感じます。(詳しくないのですが、こういうジャンルの中では先駆者的な存在ではないでしょうか)

パイナップル爆弾をしのばせる校長先生や主人公が男の子から女の子になる発想も凄いなぁと思います。あと女性の裸がよく出てくるので小さい頃、読んでドキマギした思い出があります。テンポもよくパワーもある漫画なので、読んでいて楽しめるかと思われます。

●2●小さい頃、アニメで見ていました。女になったり男になったりするらんまに戸惑いながら見ていたのですが、大人になって漫画本を買ってみて、あら不思議。らんまがかっこよくて仕方ないです。

あかねちゃんも可愛くて良い子で、二人の恋の行方が気になりながら、中々実らないんだか実ってんだかわからない二人の幸せを祈りたくなるような漫画です。

●3●この漫画は自分が少年の時には刺激が強く、あまり公には読めませんでした(笑)ですが、この絵が非常に好きで、大人になってから大人買いして全巻かってしまいました。

大人になってから読むと、非常にストーリーもしっかりしており、各キャラクターの個性があって、絵も丁寧に書かれており、少年の頃のわくわくした気持ちは間違いではなかったと思いました。

●4●水をかぶると、女の子になったりパンダになったり、ありえないシチュエーションながら、自然に受け入れてしまうという不思議な作品です。

すべてのキャラにしっかりと特徴があって、愛すべきキャラ、とにかくおもしろく、引き込まれます。らんまとあかねの、初々しいやりとりでドキドキしたり、かと思えば格闘シーンもあり、で読み応えがある作品です。

●5●小学校の頃はまりました!今でも大好きです。まず小学生の私にとって、水をかけるか、お湯をかけるかで性別が変わるというのが衝撃的で、インスタント麺じゃあるまいし、と思いつつ読み出したらもう止まらない。らんまと茜のかけあいや、また脇役も脇にいるのが惜しいほどの存在感で。おすすめですよ!

●6●水がかかると性転換してしまう(男から女に)高校生早乙女乱馬が主人公のドタバタコメディです。ただ、高橋留美子先生の作品なので実はラブコメだったりします。前作うる星やつらと同じ様に賑やかで楽しい作品なので元気が欲しい時にお勧めです。

●7●笑いもあり、ドキドキハラハラ感もあって、幅広い年齢層で楽しめる漫画だと思います。

既に何十回と単行本を読み返していますが、何度読んでも面白いです。まわりの登場人物にも、これでもかってほど濃いキャラが沢山いて楽しいです。らんまとあかねの微妙な距離感もまたいいです。好きあってるのになかなかお互い素直になれないところもキュンとします。

●8●話ははちゃめちゃですが、許されてしまう可愛らしい内容です。でもたまにらんまが真剣になっていると、かっこよくてドキドキしてしまいます。いろんな人に振り回されてしまうらんまですが、みんなとても仲良しで憎めなくて、ホンワカしてしまう漫画です。

●9●主人公のらんまが、水をかぶると女の子になってしまう話です。イラストも可愛くて、裸も色っぽくてドキドキしてしまいます。あかねのらんまへの想いや、シャンプーの想いがとても可愛らしくて、ずっと読んでいたくなる作品です。

●10●キャラクターデザインも男女問わず好かれるテイストをしており、魅力的な個性を持った登場人物が多いのが面白い。ギャグあり、ラブあり、格闘ありで、ちょっとえっちなシーンがあるところが少年誌にピッタリ。また面白いネーミングの登場人物(パンスト太郎など)も印象に残る。

●11●おなじみの高橋るみこワールドのおてもものの漫画です。お風呂に入ると変身してしまう主人公や様々な個性的なキャラクターが次々とあらわれてきます。。キャラクターの面白さが高橋留美子先生の漫画の特徴で、主人公以外の脇役が面白いと思います。

●12●主人公のらんまはもちろんですが、らんまのライバルやお師匠様、許嫁であるあかねの家族など、出てくるキャラクターの一人ひとりがもの凄く濃いキャラクターで、楽しく読めました。

かなり笑える要素もあり、またらんまとあかねの恋というときめく要素もあり、拳法の達人であるらんまの闘いの要素もあり、あらゆる面で楽しめる作品でした。

●13●男の子が水をかぶると女の子に代わるという設定がとにかく面白かったです。男の子のらんまの魅力も、女の子のらんまの魅力もそれぞれに凄く強くて、主人公の大ファンになりながら読んでいました。

こんな人がそばにいたらなあ、とうっとりしながら読んでいた作品ですが、最近実家に帰って久しぶりに読み返してみると、大人になってから読んでもやっぱり面白かったです。

●14●個性的なキャラクター、奇想天外の設定、この漫画を読んで、笑わない人は非常に非常に少ないと思う。終止笑いを楽しみつつも、だがしかし、物語の本質はソレではない。ギャグより、恋。そうこの漫画は恋愛ギャグ漫画なのです。らんまとあかねの、ね。

●15●なにこの設定! 水をかぶると、お湯をかぶると・・・。性別が変わる、豚になる、パンダになっちゃう。これで面白くないはずはない。・・・と、読み始めて気がついた。設定なんてどうでもいい。

作者の高橋さんは、間違いなく、個性的なキャラクターを生み出す名人だと思う。前作「うる星やつら」の10倍の濃い設定と100倍の登場キャラクターたちを動かせるのは、高橋さんのスゴイところです!

●16●拳法の達人のらんまと、道場の娘であるあかねの初々しい恋の展開にどきどきしながら読んでいました。

あかねには、新しい許嫁のうっちゃんやかわいい中国娘のシャンプーなどライバルがどんどん出てきて、そのバトルや素直になれないあかねとらんまの関係が大好きで、憧れていました。女の子が読んでも凄く楽しめる作品だと思います。

●17●男が女になったり、パンダになったり、子豚になったり…奇想天外なドタバタコメディですが、漫画だからこそ許せる、むしろ漫画だからこそ、その面白さが際立っています。入浴シーンなどちょっと刺激が強い部分もあり、らんまとあかねの恋の行方とともに、子供の頃はドキドキしながら読んだものです。

●18●乱馬は早食いバトルやフィギアスケート?でバトルをしたりします。また、乱馬と同じように水をかぶると何かに変身しちゃうような人たちと戦ったりします。でも基本ギャグなのでそういう場面でも笑わせてくれます。

そして良牙やシャンプーなど、恋愛面でもライバルなキャラたちとの掛け合いも面白い漫画になっています。

●19●アニメ、漫画共に大好きな作品です。コンビニコミックス等でも目にする様に、短編のお話が多いので1から全部を読まずとも楽しめるのが凄いです。

個性的なキャラクターがたくさん出てきますし、水やお湯をかけると変身するなんていう設定がもう突拍子もないですが、その設定が見事に活きたギャグ漫画です。

登場人物が多い分、ラブコメ要素もたくさんあり、またそれらが複雑な人間関係を作っているのも面白いです。お色気要素もあり、ドタバタな日常ありな、高橋先生のお得意の世界が満喫出来ると思います。

●20●めぞん一刻から犬夜叉と、大ヒットした名作を数多く持つ作者ですが、私はらんま1/2が一番の作品だと思います。なんといっても、らんまとあかねの、つかずはなれずの関係が本当に良いです。

ぶっ通しで読んでいると、あれ?いつかららんまはあかねを好きになったのかな?と、十数巻で疑問に思うのですが、しかし実際は、格闘スケート編で、あかねは俺の許嫁だ!と宣言してます。

全38巻のうち、このシーンは3巻に収録されてますので、意外と結構早い段階なのにびっくりです。

その後彼らは長々と読者を喜ばすかのように、素直にならなかったり、お互いを思いやったりと、ほんとに見ていて一番面白い状態の関係を最後まで続けてくれます。この恋愛要素が、本当に読んでいて良かった作品。

一方で、ラブコメ色を非常に強くもちながらも、格闘シーンに一切妥協がないところがいいです。

キャラクターが必殺技を習得するエピソードが何度もあるのですが、その技について、非常にページを割き、丁寧かつ論理的に説明されています。飛龍昇天波の気の流れ、螺旋のステップなどは、非常に読み応えがあります。

恋愛要素・格闘要素が非常バランスが取れたエピソードが、26・25巻収録のヤマタノオロチ編。あかねの昔の命の恩人の出現、誤解だが、らんまがあかねにふられて落ちこむくだり、終盤のヤマタノオロチとの決闘、ラストの手をつないで二人が帰るシーン、すべて通して一番好きな話です。

また、舞台は日本なのですが、中国色をふんだんに取り入れており、格闘シーンも、基本は中国拳法であり、よく出てくるコスチュームなども、チャイナ服を基調にしたものが多いです。この統一性も、この漫画のいいところの一つだと思います。

ただ、和テイストの格闘茶道編・フレンチテイストの格闘ディナー編なども、これまた非常に面白い回であることは事実です。

ラブコメ色により、少年漫画でありながらも女性票を妥協のない格闘シーンで男性票をガッツリつかんだらんま1/2は、本当に全巻読んでいただきたい作品です。また、アニメの方も絵のクオリティが非常に高く、おすすめであります。

●21●父親が買ってきた漫画なのですが、読んでハマリました。水を被ったら女の子になるヒーローという設定がとても面白く、最初はいがみあってたらんまとあかねが仲良くなっていくところも面白かったです。格闘漫画なので、変わった名前の流派や技が出てくるところも大好きでした。

●22●今度実写ドラマ化される「らんま1/2」の感想をご紹介したいと思います。結構前(同じ作者の犬夜叉よりも前)に週刊少年サンデーにて連載されていたこちらの漫画は、男性女性問わず、多くの方から読まれていました。

アクションラブコメディといった位置づけで、本格的なアクションシーンもあれば、大笑いできるコメディシーン、そしてドキドキするような恋愛のシーンも盛り込まれています。漫画だけではなくアニメも長いこと続きました。

同じくサンデーの大人気作品「名探偵コナン」のアニメで、江戸川コナン役・灰原哀役・工藤新一/怪盗キッド役をやられている声優さん達が、らんま1/2でも主役的なポジションで共演しています。

それでは感想をご紹介します。

小学生の時にめちゃくちゃ嵌ってました!乱馬とあかねがいつまでもくっ付かずにヤキモキしながら読んでました。二人とも色んなキャラクターに言い寄られるんですが、そのなかでもシャンプーが可愛い!

最初はらんま(女)を殺すために日本にやってくるんですけど、色々あって乱馬(男)にベタ惚れしてしまうっていう。普段は中国人美少女で、水をかぶると猫になるんですが、どっちの姿も可愛い!あんな女の子に言い寄られたいですね。

●23●お湯をかぶると格闘家の少年に、水をかけると可愛い女の子になってしまう主人公らんまと、周りの人々とが繰り広げるどたばたコメディ。ほかにも、水をかぶるとパンダに、黒豚に、猫にと変化する人も出てきます。一話読むうちに、必ず一度は笑ってしまう、絶妙の面白さです。

●24●うる星やつらを書いた高橋留美子さんの名作です。水にぬれるとパンダになったり性別が変わったりという発想が素晴らしいです。主人公のアカネやらんま、キャラクターがみな個性的でとても魅力的です。子供から大人まで楽しめる作品です。

●25●子供の頃、大好きな漫画でした。個性的なキャラが沢山いて、魅力的です。特にシャンプーちゃんが一途で可愛いです。ウォー・アイ・ニーって初めて覚えた中国語です(笑)丁度、子供の頃キョンシーやジャッキー・チェンも流行っていて、中国武術に憧れました。

●26●高橋留美子作品で初めて見た漫画です。とにかく笑えて、見たあとにお腹が痛くなるくらいです。らんまとあかねの恋愛はもちろんですが、その周りのキャラクターも一人一人物語があり個性的、ちょっとしたえっちなネタも面白いです。一度読んだらやめられない面白さです。男女共に楽しめる漫画です。

●27●ドラマ化され、久しぶりにアニメを見たくなったので最初から見直しているのですが、やっぱり面白いですね。高橋作品は全部好きですが、らんまもまた、思い入れが深い作品ですね。シャンプー大好きです!ぶっ飛んだあの設定が本当に好きです。

●28●らんまは子供の頃アニメで見て大好きになりましたが、漫画ももちろん面白いです!「さすがるーみっくわーるど!」と思うのが、キャラの多さとそれぞれが個性的で面白い所です。良牙もカッコイイのにぼけぼけ。でも一番の見どころは、やっぱりらんまとあかねのじれったい恋ですね。

●29●水をかぶると女になり、お湯をかぶると男になる、こんなハチャメチャな設定も、当時幼かった私は信じてしまい、お風呂に入ったらいつか男になるんじゃないかとはらはらしていました。

そしてなにより、らんまと茜の素直じゃない関係性が大好きです。いつもはふざけて茜につっかかってくるらんまが、ふとした時に真剣になる瞬間がたまらなく格好良いです!

●30●水をかぶると女になり、お湯をかけると男に変身する主人公の姿が愛らしく、面白く、楽しい作品です。格闘シーンもギャク満載で敵やライバル達が出現する度に、らんまとあかねの関係に邪魔が入り、なかなか恋愛が発展しませんが、各キャラクターが面白いので1話1話飽きません。

●31●コミカルでリズミカル、時に白熱した戦闘シーンの中で、ところどころに出てくる恋愛模様が面白いです。意地っ張りで素直になれないらんまとあかね。端から見たら両思いなのは一目瞭然なのに、今日も素直になれずに喧嘩になってしまう。そんな二人がかわいらしくも応援したくなってしまう漫画です。

●32●小学生ぐらいの頃に読んでいました。幼い頃の私は、あらわになる胸の描写や性が転換する設定に、何だかいけないものを読んでいるような罪悪感を感じたものです。今年に入って実写ドラマ化もされていているし、リメイクを期待している作品です。

●33●ドラマ化もしたそうですが、やっぱり漫画が一番です。ひょんなことから始まるドタバタ劇の中にも泣けるシーンや考えさせられるシーンがあって、流石だなあと感銘を受けるばかり。何度も読み返すことが多い漫画の一つなので、これからも大事にしたいです。

●34●最近のと比べると大したことないのかもしれなのですが、少年誌で読めるちょっとエッチな漫画といえば、小学生の私には「らんま」でした。だから夢中になってしまったんだと思います、恥ずかしながら。

でも、それだけじゃなくて、良牙くんの報われない恋の行方に切ないシンパシーを感じていたのも確かです。他人事には思えなくて。笑

●35●「男が水をかぶると女に、お湯をかぶると元に戻る」というファンタジー要素が主となっている格闘漫画です。格闘漫画なので、アクションシーンが面白いです!作者の高橋留美子先生は女性ですが、格闘について調べつくして独自の技や型などを登場させています。

主人公・乱馬とヒロイン・あかねはお互いに素直ではないので、ケンカしたり良い雰囲気になったり、またケンカしたり…と、読者をやきもきさせます。個性豊かなキャラクターたちが織り成す、ドタバタ格闘コメディの決定版だと思っています。

●36●とにかく、主人公の少年が水をかぶってしまうと少女になってしまうという設定がユニークで凄いという一言です。一度はそういった設定を頭の中で思いつく事はあるかもしれませんがそれを本当に漫画にしてしまい、しかも面白いのだから素敵だなと思います。

とても人気があり、何年も連載していた漫画なので終わってしまった時は寂しくなりました。

●37●子供の頃から大人になった今までずっと読み続けている漫画です。水をかぶると女の子になってしまうというシンプルかつインパクトの大きい設定の凄さもさることながら、その描写が本当にさり気なく表現されていることに、ただただ感服させられます。

登場人物たちの欠点もしっかりと描かれていることで、かえってキャラクターごとの個性が光り、魅力的に感じられます全巻通して読むと矛盾点も多く見られますが、エピソードごとではしっかりと作りこまれていて、読み応えがあります。エピソードも短めで、さらりと読めるのも魅力的です。

当サイトからのニュース
各漫画の紹介ページに次の情報を加えました。「作者名・出版社名・連載誌名・ウィキペディアによる解説ページ」以上の4項目です。また、口コミの数も大幅に増加しています。(2013年2月24日更新)

カテゴリーからおすすめ漫画を選ぶ

ランキングからおすすめ漫画を選ぶ