ホーム > コメディ・ギャグ

コメディ・ギャグ

おすすめのコメディ漫画・ギャグ漫画をご紹介しているページです。当サイトでご紹介しているこのカテゴリーの作品は少なめなのですが、「ドラえもん」や「こち亀」などといった誰もが知っているような大人気作品ばかりとなっています。

作品名 頂いた口コミを抜粋
ドラえもん 誰もが知っている今や国民的漫画ですが、それだけに読まれ方が固定化され過ぎているようにように感じます。

話の回によっては作者のアイロニカルな視点が前面に出ていて思わずにやりとさせられるような事も少なくありません。

ほのぼの系の漫画だと思って読むと足元を掬われる事請け合いです。もちろん子供はそこまで気づいて読んではいないでしょうが、大人になって読み直すと相当深読みの利く漫画だと感じます。

単なるめでたしめでたしでは満足しない作者の気骨が出ていて、そんなところが大好きな点です。
こちら葛飾区亀有公園前派出所 劇画タッチで描かれた強烈な主人公による、ギャグと下町の人情物語。両さんの破天荒な振る舞いに周囲が巻き込まれっ放しで、その様子にはいつも爆笑してしまいます。

個人的にも思い出深い、懐かしい東京の風景が描かれることもあり、思わずホロッとするような和やかな場面が見られるのも魅力です。

趣味全開のマニアックなネタや、変わった名前の個性的な脇役など、作者さんが楽しんで描いている様子が浮かんでくる不朽の名作だと思います。
GTO 湘南純愛組の続編的な立場でありながら、それ自体もドラマ化される程の人気を博した作品です。

元不良である鬼塚永吉が、高校教師になって型破りな方法で生徒たちの指導にあたる姿は、そんなばかなと思わせつつ、いわゆる今どきの子供たちの姿とのコントラストが爽快感を抱かせます。

鬼塚英吉のキャラクター設定もさることながら、登場する高校生たちがそれぞれ問題を抱えている姿や、鬼塚に対する冷めた様子など本当に今時だなぁと思いながら読ませてくれる面白い作品だと思います。
天才バカボン 子供の頃からアニメで慣れ親しんできました。劇的なストーリはなく、平凡な日常にユーモアが加わって何回見ても飽きないですね。

アニメでは元祖天才、天才、平成天才の3種類ありましたが、元祖が特に面白かったです。

「天才バカボン」の方は長男が主役になって主に学校での場面が平凡すぎると思いました。

元祖の方はパパが主役でバカ大の後輩の変なキャラたちとのありえないやり取りが明るい雰囲気で描き出されていました。
浦安鉄筋家族 この漫画は面白さもさることながら、懐かしさも感じる事ができます。ノスタルジックなギャグ漫画です。家族の温かみもあったりします。

何も考えずに人と付き合えたあの頃に戻れるような感じもあります。色々な意味で楽しめる作品だと思います。

小学生の頃から愛読しています。からこれ10年以上連載が続いているこのギャグ漫画ですが、あの手この手で攻めてきます。季節ネタだったり、小学生あるあるネタだったり、今読んでも面白くそして懐かしさを感じる事もできます。

現在はシリーズ4作目となっていて、どんどん作者の手腕があがっていっていると思います。今後も安心して読める作品です。

当サイトからのニュース
各漫画の紹介ページに次の情報を加えました。「作者名・出版社名・連載誌名・ウィキペディアによる解説ページ」以上の4項目です。また、口コミの数も大幅に増加しています。(2013年2月24日更新)

カテゴリーからおすすめ漫画を選ぶ

ランキングからおすすめ漫画を選ぶ